脳神経外科・脊椎脊髄外科

HOME > 脳卒中センター

センター紹介

ごあいさつ

脳卒中に対する対応はここ数年でも大きく変革しつつあります。

脳血栓症に対する急性期血栓溶解療法が米国で認可され、Brain Attackの最前線治療が注目されるようになりましたが、それを受けて当院では平成16年11月より新たに脳卒中センターとしてスタートしました。

現在はスタッフ6人で、うち脳卒中専門医は3名、脳血管内治療専門医を2名、脳神経外科専門医を5名を有します。脳梗塞、脳出血、急性期破裂脳動脈瘤に対する治療に積極的に取り組んでいます。

急性脳梗塞ではTPA治療にカテーテル血栓除去を追加する必要があり、またくも膜下出血での脳動脈瘤の治療に関しても開頭手術と血管内治療の両方で検討する必要があり、脳血管内治療専門医が勤務していることが重要となります。

急性の脳梗塞に対しては24時間緊急MRIと脳血管撮影ができ、血栓溶解も24時間スタンバイできています。

また豊富なリハビリスタッフも擁します。脳卒中の急性期治療後に早期にリハビリを開始し、離床をはかることが予後の改善につながります。

今後はますます地域の連携を深め、消防救急、開業医、リハビリテーション病院、訪問看護などと協力しつつ脳卒中の成績向上に努めていきたいと思います。

今後のご支援よろしくお願い申し上げます。

センター長 松本勝美 

セカンドオピニオン

診断や治療法について不安や疑問をお持ちの患者さんのため、セカンドオピニオン外来を開設しています。
※完全予約制

脳卒中センター