脳神経外科・脊椎脊髄外科

医療従事者、開業医向けトピックス

医療従事者、開業医向けトピックス

腰椎椎間板ヘルニアに対する椎間板内酵素注入療法(ヘルニコア)

腰椎椎間板ヘルニアに対する椎間板内酵素注入療法(ヘルニコア) 背骨と背骨の間のクッションの役割を持つ椎間板の内部には、中央に柔らかい髄核という組織があります。この髄核が後ろに脱出して、神経を圧迫するようになったものが椎間板ヘルニアです。下肢のしびれや痛み、麻痺(力が入らない)、排尿排便障害などの症状が生じます。現在の腰椎椎間板ヘルニアの治療は、保存療法と手術療法のふたつに大別され、保存療法が治療の原則となっています。

ヘルニコアは、椎間板内酵素注入療法に使用する薬剤で、ヘルニアを起こしている椎間板の髄核内に直接注射します。全身麻酔の必要もなく、局所麻酔で行うことができるため、手術と比較して患者さんの身体的負担が小さい利点があります。

ヘルニコアの有効成分コンドリアーゼは、髄核の保水成分(プロテオグリカン)を分解する酵素です。通常、髄核には保水成分が豊富にあるため、水分を含んで膨らんだ状態にあります。これは、飛び出して神経を圧迫しているヘルニアの髄核でも同じです。

この髄核に適切な量のヘルニコアを注入すると、コンドリアーゼによって髄核内の保水成分が分解され、水分による膨らみが適度にやわらぎます。その結果、神経への圧迫が改善し、痛みやしびれが軽減すると考えられています。

椎間板内酵素注入療法(ヘルニコア)は健康保険が適用されます。

ヘルニコア治療の注意点